授業で作ったwebアプリケーション①

こんにちは、今回は授業で作ったWebアプリケーションの紹介・解説を行いたいと思います。

言語:python3.8.8

やりたいこと:GoogleBooksAPIを活用して、検索ツールの作成

ほしい検索結果:本の題名・本の著者・発売日・ページ数・紹介文・購入まで飛ぶことができるURL・検索結果の本の画像

GoogleBooksAPIについて

このAPIをつかうことで、GoogleBooksに検索を行い、レスポンスとして、リスト形式のレスポンスが返答される。もともとはJavaScriptで使われるAPIであるためpythonで使うときにはひと工夫が必要となる。

url = 'https://www.googleapis.com/books/v1/volumes?q='+tool+want  #GooglBooksAP
response = requests.get(url).json() #情報の取得,json変換

この2行でGoogleBooksにアクセスして、解答を得ることができます。そして、responseにリストとして、入っています。jsonというのは、GoogleBooksAPI自体がJavaScriptで使用することを前提に作られているので、それをpythonで使えるようにするためにjson変換を行い使えるようにしています。

toolの中には代表的なものですが、以下のような検索方法があります

intittleタイトル
inauthor著者
isbnISBN(10桁または13桁両方とも可能)
記入なしフリーワードで調べることが可能
toolの中身

ほかにもありますが、このくらいが代表的であると思います。wantの中身は検索したい方法に基づいたキーワードを入力すると検索できます。responseで返ってくるリストはとても複雑そうに見えますが、簡単にすると「リスト・辞書」の連続になります。

私はプログラミング初学者であり、まだまだ未熟ものですが、コードを書いてみたので、参考になるかわかりませんが、もしよかったら参考にしてください。

url = 'https://www.googleapis.com/books/v1/volumes?q='+str(tool)+str(want)  #GooglBooksAPI
response = requests.get(url).json() #情報の取得,json変換
totalitems = response['totalItems'] #件数1
print('検索結果は',str(totalitems),'件です')
for i in range(0,5) :
    items_list = response['items'] #items リストデータ
    items = items_list[i] #items
    info = items['volumeInfo']
    title = info['title']
    pagelink = info['canonicalVolumeLink']
    description = info['description']
    pagecount=info['pageCount']
    authors=info['authors'][0]
    publishdate=info['publishedDate']
    pic=info['imageLinks']['thumbnail']

詳しいことは、Googleから公式に詳細が記載されているので、下のリンクからご覧ください。

https://developers.google.com/books/docs/v1/using

次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。